スカイスクレーパー

RFID特設サイトへようこそ

RFIDとは?

Radio Frequency Identificationの略で、直訳すると「電波自動認識システム」となります。

 商品や食品などに電子情報(名称、値段、製造年月日などの情報)を入力している「RFタグ」を貼り付け、「読み取り装置」の間で電波の一種である電磁波を交信させて、情報を読み取ったり情報を書き換えたりするシステムです。

 RFIDリーダライタの種類や、RFタグの性能により、数cmから最大20mの距離が離れていても読み書きが可能です。

流通、製造、物流、医療等の様々な分野で導入がされています。

 

RFタグとは?

 専用のリーダーから照射される電波を用いて、アンテナが電波受信し、チップ内のメモリのデータを非接触で読み書きする媒体です。

 RFIDはリーダライターとRFタグで構成しており、タグはチップに該当する。アンテナはチップ情報の読み取り機器になります。

 ICタグ、無線タグ、RFタグ、電子タグなど様々な呼び名があり、形状も用途によりいくつかの種類があります。

ラベル型

商品に貼付、括り付けする時に利用されています。

コイン型

商品や部品に取り付ける時に利用されています。

カード型

人が携帯しやすいようになっています。

円筒型

家畜、樹木等の内部に挿入して使用します。

その他

他にも、チケットに埋め込んだりと様々です。

照射する電波の詳細

電波周波数帯には4つのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。

LF帯・HF帯・UHF帯・マイクロ波帯と名称が分かれています。

 

​​RFIDの特徴

 

一瞬でデータの読み書きが可能

バーコードの読み取り時間は一個当たり数100ミリ秒に対し、RFタグの読み取り時間は数10ミリ秒~数100ミリ秒です。

複数あるタグを一括で読み取れる

数多くのものを取り扱う場合、作業時間の短縮が大いに期待できます。

距離が離れていても読み取り可能

手の届かないところでもある程度まで距離を置いてから

情報を読み取れます。

汚れていてもデータのやり取り可能

表面が汚れていても、RFタグ内部にデータがあるので

問題ありません。

遮蔽物があっても読み取れる

例を挙げると、箱の中身を取り出して、読みとる手間が省けます。タグがあれば遮蔽物があっても情報のやり取りが可能です。

​​導入事例

 

​​交通系ICカード

導入前は切手を買って改札を通る時間がかかって不便でした。
そこで、RFIDの技術を導入したことにより、改札でカードをかざすと検札情報のやり取りができます。
時間の短縮もでき、券売機にいる人の減少と短縮化ができます。

​​会計レジ

アパレル業界などの販売店に導入が進められています。
導入すると、レジ要員が不要になり、人件費の削減になります。
また、会計が簡単になり、レジにいる滞在時間も短縮化されます。
あとは人的ミスを避けられ正確に決済ができるようにもなります。

​​入退室管理

専用の端末にタグをかざすだけで、簡単に入室管理記録ができます。
導入すると、セキュリティレベルの向上が期待されます。

在庫管理作業

アパレル業、製造業の各工程や検品作業で利用されています。
製品のトレーサビリティの向上ができます。(どこの工程にいるかを追跡・把握できる)
また、数メートル離れたところからデータの読み取り可能です。

RFIDの苦手なこと

 

単価コストがかかる

RFタグは安いもので、5円~10円です。高いものだと1000円以上と幅広く存在します。

商品単価が安い場合、売れば売るほどタグのコストがかかってしまい負担が増します。しかし、将来は単価が1円以下になると予測されています。

金属商品では通信に影響が出る可能性がある

一般的なRFタグは金属、水を苦手としています。

その為、金属に直接貼り付けたり、掌で覆うとRFタグは読み取り辛くなります。金属、水は電波を阻害する性質を持っている為、

一般的なRFタグを金属に密着した状態ですと、読み取り性能が5%~10%程まで低下します。

近年、金属専用のRFタグ、水に強いRFタグも出てきておりますが、

一般的なRFタグより高価となります。

タグ同士が重なると情報が正確に読めなくなる

RFタグの種類にもよりますが、RFタグをトランプのようにぴったり重なっている状態だと、正確に読めない可能性が高くなります。

しかし、重なる確率は低いです。もしも重なったら、読み込めなかったり時間がかかる場合があります。

 
Glass Buildings

RFID紹介動画

coming soon

​当社の実現領域

 

【RFID導入企業様向け】

エルアインでは、RFIDソリューションを検討から導入までサポートいたします。

まずはお気軽にご相談ください。

ご相談、お打合せに関しては、無償にてサポートさせて頂きます。

​~導入フロー~

STEP.1 検討

まずはお話をお聞かせください

・どのような業務に使用するのか?

・RFIDで管理する対象はなにか?

STEP.2 お見積り(コンサルティング

お客様での運用策定、ハード選定を主としたサポートでの

お見積りを作成させて頂きます。

STEP.3 運用方法策定

実際に導入する現場を見せて頂き、RFIDの運用方法を

「精査」、「分析」を行い、最適な実現方法のご提案を致します。

STEP.4 必要機器の選定

RFリーダ、RFタグは、大きさ、形状共にさまざまな種類がある為、業務内容を鑑み必要かつ最適なRFタグ、RFリーダーをご提案いたします。

STEP.5 お見積り(システム開発)

お客様が必要とされるシステムの構成、機能をご相談させて頂き、ニーズに合わせてお見積を作成させて頂きます。

STEP.6 システム開発

お見積り仕様に沿った開発を実施いたします。

STEP.7 導入

導入までの立ち合いと、導入後のサポートをさせて頂きます。

​【ビジネスパートナー様向け】

当社ではRFIDソリューションの開発技術支援も行っております。

Web、Windows、スマホのプラットフォームにて、

Java.Net(C、VB)等の開発言語による開発を行っていますので

お問い合わせフォーム、もしくはお電話、メールにてご相談ください。

お問い合わせ

株式会社エルアイン

〒105-0022

東京都港区海岸2-2-6 DS海岸ビル4階

​        RFIDサポート担当迄

メール:rfid@l-ain.co.jp

電話:03-6809-6781

arrow&v
 

Copyright © L-ain Co.,Ltd.

2021

TOPへ戻る